トップページ > 薬剤師パートと子育ての両立

薬剤師パートと子育ての両立

薬剤師という資格を有しているのに、正規職員ではなく、パート勤務を選択される方の多くは、結婚をし、家庭を持たれている方がほとんどだと思います。家庭を持っていれば、心配になるのは、薬剤師のパート勤務と家庭との両立が出来るのかどうかということでしょう。十分に薬剤師として正社員で働きながら家庭が両立出来ないと思ったからこそ、パート勤務という選択を取ったことでしょう。

そういった場合には、薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用しましょう。こういった転職支援サービスサイトの検索条件として、扶養内勤務という検索条件が設けられているサイトがあります。扶養内勤務とはつまり、旦那さんの社会保険の範疇を逸しないパート勤務のことです。つまりは年間の収入を130万円以下に抑えることが出来る勤務であり、かといって時給が低いこともありません。

一般的な薬剤師のパート給与は、時給1500円〜2000円だとされています。つまりこの高時給の範疇で、年収130万円以下に勤務時間を調整してくれるわけですから、1日の時間が短いという勤務スタイルや、子供の保育園や幼稚園、小学校などが終わる時間に合わせた勤務時間で働くことが出来るのです。また土日・祝日が休日という案件も非常に多く存在しているのです。こういった案件と巡り会うことが出来れば、当然に薬剤師のパートと家庭の両立をしていくことは、十分に可能であるといえるのです。

こういった扶養内パート勤務というものを出しているのは、調剤薬局や、ドラッグストアになります。それらの中でも、非常に忙しいエリアに店舗を構えていることが多く、だからこそこういった勤務スタイルでのパート勤務が実現出来るのです。ですから、基本的には、駅から近いとか、立地がいい案件であることも多く、交通の利便性が高い勤務先であることが予測できます。つまり、時給もよく、勤務時間も自由度が高く、出勤や退勤の際の交通の利便性にも富んでいる案件ということが言えるのです。これほどに美味しいパート求人は他にはないでしょう。

こういったように薬剤師のパート勤務であれば、十分にパートと子育ての両立をしていくことが出来るのです。基本的に医療関連の仕事は人手不足の状態です。看護師を初めてとして資格を有しているものの、家庭に入ることを余儀なくされ、潜在看護師となっている方は数十万人を超えます。こういった有資格者を現場に戻す努力をしている医療機関や薬局、ドラッグストアが薬剤師の求人には多いということが言えるでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!