トップページ > 薬剤師パートを掛け持ちする

薬剤師パートを掛け持ちする

パート求人の最大のメリットとも言えるのは、兼業、掛け持ちというものが出来ることではないでしょうか。大抵の場合は、本職の休みの間にパートとして働くという掛け持ちのスタイルが一般的ですが、パート勤務でも、自分の希望通りの勤務が出来ない場合などでは、その条件を整えるために、掛け持ちをするという方もいらっしゃると思います。薬剤師という職種上、パート薬剤師の掛け持ちは出来るのかどうかを紹介していきましょう。

結論から言ってしまうと、薬剤師のパートの掛け持ちは、他の職業と同じく十分に可能です。しかしながら、そのスタイルとして、同じ業種は選択しない方が多いということが挙げられます。薬剤師の勤務先は、大きく分けると、3つになります。病院やクリニックなどの医療機関と、調剤薬局、ドラッグストアの3つです。同じ業種で掛け持ちをしないというのは、たとえば、医療機関のパートと、調剤薬局。または、ドラッグストアと調剤薬局。医療機関とドラッグストアなどの組み合わせの掛け持ちスタイルが基本だということです。

掛け持ちをする理由は様々にありますが、一般的にリフレッシュの一環として考えている方も多いものです。同じ業種である場合には、仕事は変わらないため、リフレッシュになることはないのです。また違った業種のパート先に勤務することで人脈が広がったり、一つの業種では学ぶことができない新しい知識やスキルを身につけることができるというメリットがあります。

例えば、調剤薬局とドラッグストアのパートの掛け持ちをしている場合には、調剤薬局では、薬剤師本来の調剤業務の知識やスキルを磨くことが出来ます。ドラッグストアのパートを掛け持ちすることによって、OTCの販売や店舗経営や運営、お客さんに対しての接客スキルやコミュニケーション能力などの新しい知識やスキルを磨くことが可能になります。

同じ業種でのパートの掛け持ちはあまりオススメ出来ません。特にドラッグストアなどであれば、他の店舗はライバル会社であることが多いことから、敬遠されてしまうのが一般的でしょう。調剤薬局であれば、担当しているエリアがもともとに違っていることから、あまりうるさくは言われないでしょうが、あまり評判は良くないという所が多いものです。薬剤師のパートの掛け持ちは十分に可能ですし、沢山に掛け持ちをされている方がいらっしゃいますが、同業種での掛け持ちをするのには、注意をするようにしましょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!