トップページ > 薬剤師パートをドラッグストアで見つける

薬剤師パートをドラッグストアで見つける

近年薬剤師のパート求人で多く見られる求人にドラッグストアの求人が挙げられます。ドラッグストアにおけるパート薬剤師の選び方にもコツがありますから、しっかりと覚えおきましょう。それが失敗しないための一つの方法でもあるのです。

ドラッグストアと一言で言っても、様々なタイプに分けることが出来ます。本当にドラッグストアなのかと思えるほどに、医薬品の販売というよりも、シャンプーや掃除用具、ティッシュペーパーや子供の玩具まで扱っているような日用品や食品をメインに取り扱っているようなドラッグストアもありますし、その中には、お酒類を置いているようなところも存在します。

こういったタイプのドラッグストアでは、薬剤師としてのスキルや知識云々というよりも、販売員としてのスキルや知識の方を重要視されることでしょう。特にパートの求人である場合には、いち販売員としての需要の方が高いという傾向が見られます。薬剤師としての知識やスキル、業務等をメインに行っていきたいという方であれば、こういったドラッグストアは、選択すべきではないでしょう。将来的に自分もこういったドラッグストアの経営などを行っていきたいという方であれば、経営や店舗運営のノウハウなどを身につけることができるため、正解ということになります。

他にも化粧品をメインにしているようなドラッグストアも存在します。こういった店舗の場合には、メーカーなどから派遣されている化粧品専属のスタッフが常駐している場合があり、こういった店舗は、ドラッグストアという名前の通りにそれぞれの商品の専門家というものを求めているため、薬の成分などの相談などを熱心に行っていくことを求められるケースが考えられます。この場合には、前述のようなドラッグストアとは真逆で、薬剤師としてのスキルや知識を十分に発揮しながら、パートをしていきたいと思っている薬剤師の方に、マッチングしている勤務先と言えるでしょう。

このようにドラッグストアの経営スタイルによって、マッチングしているパート求人は違ってくるということを覚えておきましょう。薬剤師としての仕事をメインにこなしパートを行っていきたいのか、単純に薬剤師としての資格を利用し、販売員として収入を得たいと思っているのかによっても、選択肢というものは変わってくることになるのです。薬を本当にメインとして扱っているドラッグストア以外では、やはり病院や調剤薬局よりも薬剤師としてのやりがいは感じられないことになるでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!