トップページ > 薬剤師パートを高時給で見つける

薬剤師パートを高時給で見つける

薬剤師は、パートであっても一般のアルバイトに比べるとかなり高い時給になります。相場でだいたい時給2000円以上ですから、高いところだと時給2500円や3000円ということも珍しくありません。薬局やドラッグストアにとっては、薬剤師がいない時間帯ができてしまうと、第一類の医薬品の販売ができなくなってしまうため、高い時給を払っても採用したいと考えるのです。

そんな薬剤師パートの中でも高時給の求人を見つけようと思ったら、やはり応募が集まらない場所や時間帯の求人になります。たとえば、ママさん薬剤師が集まりやすい午前中に比べて、夕方以降の時間帯は人が集まりにくい傾向にありますし、駅前の便利な所よりも郊外で駅から遠いところのほうが応募は少なくなるものです。特に、郊外からさらに田舎になると、人が住んでいる以上病院や薬局は必ずあるものの、薬剤師の絶対数が少ないため、薬剤師の時給は高騰しているところが多いです。東京などの都心部よりも田舎のほうが給料が高くなっているのも、薬剤師求人の特徴といえます。

とはいえ、高時給にもかかわらず頻繁に求人を行っている薬局は注意が必要です。給料が高いにもかかわらず、それだけ人が定着しないということですから、そこには何か要因があると考えられます。たとえば仕事があまりにもハードだったり、人間関係が悪かったりと辞めたくなる理由があるのです。求人を探すときは、ある程度長期的に探し、条件は良いのに何度も求人を見るところは避けたほうが無難かもしれません。

とはいえ、正社員と違ってパートということは、雇用は正社員ほど安定しているわけではありませんが、その代わり薬剤師側としても辞めやすいということになります。良さそうなところがあればチャレンジして、パートとして働きながら次の勤務先を探してもよいでしょう。

薬剤師のパートとして高給の求人としては、病院での夜勤パートなどもあります。これは、夜勤だけあって1回の勤務で2〜3万円の報酬があることも珍しくありませんから、日給としてはかなり高いといえるでしょう。しかし、夜勤薬剤師の求人は少ないので、見つけるのがやや困難かもしれません。また夜勤は夕方から閉店までの店舗勤務とは全く違うハードさがあります。体への負担が大きく、続かないという人も多いので、自分に出来そうかどうかはよく考えてからやるようにしましょう。あまり負担にならないという人であれば、月に数回の勤務でかなりの収入になるので、探してみてもよいのではないでしょうか。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!