トップページ > 薬剤師パートを病院で見つける

薬剤師パートを病院で見つける

医薬分業が進んでいるため、病院勤務の薬剤師の案件というものは、以前と比較すると、そこまで多くはないというのが現状です。外来の患者さんに対しての調剤業務などは、医薬分業という考え方を元に、病院機関の近くに存在している調剤薬局に任せるというケースが、現在のスタンダードな方法になっているからです。病院勤務の薬剤師は、基本的に病棟を持っている病院施設において、そこに入院されている患者さんのための調剤を行っていきます。

パートの薬剤師の方で病院勤務を希望する方のほとんどは、やはり患者さんの顔であったり、病状というものをしっかりと観察しながら、仕事をしていきたいというような願望を持っている薬剤師の方がほとんどではないでしょうか。勤務時間などを考えた場合には、残業というものも多く任されることも多く、場合によっては当直や夜勤帯での勤務も任されることもあります。こういった点を考慮すれば、調剤薬局やドラッグストアなどで勤務することの方が、勤務時間の調整という点では自由度が効くからです。

パート勤務の薬剤師でも、病院勤務となれば、責任というものを高く持つ必要があります。どのような勤務先でも、責任感というものが必要ですが、特にということです。患者さんの様子をしっかりと観察し、飲み合わせの悪い薬や、効果というものが同様であるような薬が処方されていないかどうかということをチェックして、なくしていくことが大事な仕事になってきます。

処方箋の記載内容を確認し、調剤をした後に、患者さんがその薬を服用する際に必要な情報や注意点などを提供していくことも大事な仕事になってくるでしょう。パートという勤務形態でも、患者さんから見れば薬剤師であることに代わりはありませんから、一人の薬剤師のプロとして、しっかりとした対応が求められることになります。

またこういった大規模病院ばかりでなく、小さな個人クリニック内で働くパート求人も多く存在しています。こういった場合に求められることは、やはり訪れる患者さんを待たせないというようなスピーディーな対応も必要になってくることでしょう。クリックなどのいわゆる街のお医者さんの場合には、調剤薬局に処方箋を出すというところが多いですが、クリニック内に調剤施設を整え、薬剤師を募集しているところもあります。こういった病院での薬剤師は、パート勤務であっても豊富な知識とスキル、またスピーディーな対応を必要とされますので、参考にしておきましょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!