トップページ > 薬剤師パートの扶養の範囲

薬剤師パートの扶養の範囲

薬剤師として、パート・アルバイトとして働く場合、知っておきたいことがありますよ。扶養内とか扶養外なんて、パートの区分としてはよく言われていますが、実は良く知らない方が多いというのが、この扶養控除の制度なんです。この扶養控除の制度の詳細を知っておくと、無理なく働くことができますよ。

まずは所得税について。所得税は年収103万円を超えると支払うことになりますが、実際は毎月の給与が一定額を超えると天引きされるというシステムになっています。12月に年収が出たところで、正しい税額が算出され、天引きされすぎた税金が12月の年末調整であったり、確定申告によって 返金されるというシステムになります。ですから、この場合の年収とは、手取りの金額ではなく、その年の1月1日から12月31日までの給与の合計額のことになるわけです。配偶者の年収に合わせて税金を控除してくれる制度を配偶者控除・配偶者特別控除と言いますが、パート収入が年間103万円までは、一律配偶者控除を受けることができます。しかし103万円を超えた場合は、配偶者の年収に合わせて、段階的に配偶者特別控除を受けることができます。141万円を超えてしまうと、控除額は0円になってしまうんですね。

他にも住民税です。前年1月〜12月までの所得に応じて算出される「所得割」と、一律に課される「均等割」を合算した額を払います。所得割の税率は、所得額に関わらず、一律10%となっています。パートの収入が年間103万円以下の場合、扶養者、つまり旦那さんの住民税に33万円の配偶者控除が適用されます。ですからボーダーラインはここでも103万円を超えないことなのですが、収入を年間100万円以下にした場合には、住民税が課されることがないということを覚えておきましょう。

最後に社会保険について。配偶者の扶養家族の場合、年収130万円以上が社会保険料を自分で納める境界線となってきます。しかし130万円未満の収入でも、週間30時間以上の勤務が2ヶ月以上を超える場合には、社会保険の加入義務が発生することになります。また旦那さんが加入している健康保険組合によっては、配偶者(つまりあなたの)1ヶ月の収入の限度額が設定されている場合もありますから、確認しておくと良いでしょう。

できれば損をせずに、パート・アルバイト勤務で働きたいところですが、薬剤師は、ほかの職種の平均的な水準よりも時給が高く、扶養に収まる範囲での勤務は難しいというのが現状なんです。ですから、無理に勤務時間などを調整するよりも、無理のない範囲でバリバリと働くことの方が、結果的に家庭の役には立つことでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!