トップページ > 薬剤師パートの面接対策

薬剤師パートの面接対策

現在の状況として、女性が復職後に薬剤師の資格を生かし、パートで薬剤師の仕事をするというケースは多く見られます。薬剤師の資格を活かし、パート勤務で働くといった場合、薬剤師として勤務をし、結婚を機に退職。その後に子供が手がかからなくなったため薬剤師として働くというケースがほとんどではないでしょうか。ここでは、パート薬剤師の面接対策について紹介をしていきましょう。

まず薬剤師のパート求人のみならず、薬剤師の面接において気をつけて欲しいことは沢山にあります。薬剤師という国家資格を有していても、医療業界という売り手市場の仕事だとしても、面接対策をしっかりと講じていなければ、残念ながら採用されることはありません。どういった面接をすると採用されないのか、面接でのポイントは何があるのかということなど、面接対策を講じることをしないと残念な結果になるのは目に見えているのです。

たとえば、面接室に入る際にノックをしたのかどうかということ。履歴書や職務経歴書などの書類を、両手でしっかりと渡したのかどうか。話をする時や話を聞く時などしっかりと相手の目を見て会話をすることができていたかどうか。面接に望んでいる際には、背筋を伸ばしているとか、猫背になっていないのかどうかというような、正しい姿勢を取ることができていたかどうか。会話の際にしっかりと傾聴の姿勢、つまり、相槌をちゃんと打てていたかどうか。質問に対して、的確な答えを応えられていたのかどうか。退職理由や志望動機の内容に矛盾というものが感じられるようなことがないかどうか。

上記に挙げたような条件をしっかりと満たしていたのかどうかによって、転職活動の成否はかかってくることになるのです。転職活動となると、どうしても、新卒時のような感覚を忘れているケースが考えられます。ですから、特に転職を考えている場合には、薬剤師としての経験やキャリアというものに奢らず、新卒者のような感覚で、面接対策を講じる必要があるのです。

パート勤務とはいえ、自分の仕事が絡んだ面接というのは、緊張をするものです。そのため、想定される質問の答えを用意しておき、緊張をしても、しっかりと対処出来るように準備をしておきましょう。こういったことをするだけでも、十分な面接対策になるものです。想定内の質問が出てくれば、待ってましたとばかりに用意している答えを出すことによって、緊張も徐々にほぐれていくことになるでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!