トップページ > 薬剤師パートを幼稚園で見つける

薬剤師パートを幼稚園で見つける

薬剤師のパート先は、非常に多岐にわたります。一般的には、病院機関や、調剤薬局、ドラッグストアといったところを想像されると思いますが、製薬会社でのパート求人もありますし、その中には学校薬剤師というものも存在しているのです。ここでは、幼稚園での薬剤師パート求人というものにスポットを当てて紹介をしていきましょう。

幼稚園を代表とし、小学校、中学校、高等学校では、学校医、学校歯科医と同じく、学校薬剤師を必ず設置するという義務があります。これは学校保健法という法律で定められている事項ですから、幼稚園の場合でも当然に薬剤師の設置が義務付けられているわけです。とはいうものの、こういった学校施設に常駐しているという薬剤師の方は非常に少ないものです。そのため、必要な時に気軽に呼び出すことが出来るパートでの募集というものも目立っているのです。

幼稚園の薬剤師の仕事はというと、もちろんそこに通う園児の健康に関しての仕事がメインになってきます。幼稚園の環境衛生について検査をすることや、園児の快適な環境を作るための、様々な指導やアドバイスというものを行っていくというのが主な仕事になってきます。保健室のような施設を有している幼稚園の場合には、そこに置かれている薬品について、使用上の注意であったり、保管をする上で注意することなどを、指導したり、アドバイスをしていきます。

また医薬品関係のゴミの処理であったり、ネズミや害虫などの駆除などの業務も任されます。さらに園児が利用している机であったり、椅子を整備すること。換気や湿度の管理についてのアドバイスやその改善方法を提案すること。騒音環境があるのかどうかというような調査。給食の衛生管理や水道水の検査。プール施設を有している保育園ならば、その検査業務など、非常に多岐に渡ります。

また近年で求められている業務では、薬物乱用についての指導やアドバイスというものです。現代は少子化の傾向が強く、少し子供が体調不良を訴えると、市販薬を始めとして、薬を飲ませるという親御さんが多いものです。特に幼稚園児のような小さな子どもは、すぐに体調などを崩してしまいますからね。ちょっとでも様子がおかしいと思ったら、すぐに薬を与えてしまう。これでは身体の免疫機能を育てることが出来なくなってしまいます。こういった薬物の乱用についてのアドバイスなどを行っていくことも大事な幼稚園のパート薬剤師の仕事になってくるのです。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!