トップページ > 薬剤師パートを午前中のみで見つける

薬剤師パートを午前中のみで見つける

午前中のみの薬剤師パートは、意外と少なくありません。薬剤師は全体的に不足していることもあって、午前中のみ、夕方のみといったパートでの働き方を採りいれている薬局も多いです。実際に求人も多数出ていますから、探せば見つけることは容易でしょう。

ただし、薬剤師パートの中では、午前中は人気の時間帯でもあります。というのも、女性の割合が多い薬剤師の場合、パートを希望するのは大半がママさん薬剤師です。そうなると、こどもが幼稚園や学校に行っている時間帯だけ働きたい、というママさん薬剤師が、午前中のみの勤務に集まる傾向があります。求人も多いけど、応募者も集まりやすい、というのが午前中パートの特徴でしょう。そうなると、ある程度自分が経験していた分野での勤務でないと難しいかもしれません。たとえば調剤薬局の午前中パートの求人に調剤薬局勤務の薬剤師とドラッグストア勤務の薬剤師が応募した場合、やはり一般的には調剤薬局での勤務経験があるほうが採用されやすくなります。これは調剤経験があったほうが有利というのではなく、ドラッグストアの求人だと逆になりますから同じことです。パートということは、即戦力を期待されるわけですから、経験がある分野のほうが採用されやすいのは当然でしょう。

午前中パートに限ったことではありませんが、パート薬剤師の場合、正社員と同じ仕事をしていても職場のスタッフから一段下に見られることもあります。経験の有無にかかわらず、パートというだけでそうなることは多いので、あまり気にしないことが大切です。短時間の勤務ですし、そこは割り切ってストレスにならないように気楽に働くのが得策です。

薬局以外では、病院などでも午前中パートの求人を出していることがありますが、製薬会社での企業での求人はないと考えてよいでしょう。やはり、正社員だけだと勤務時間が長くなってしまう店舗などで、正社員の交替要員として採用されるのがほとんどです。薬局によっては、子どもが小さくてパートしか出来ない間は午前中パートで、将来的にはフルタイムの薬剤師としての採用をしてくれるところもあります。薬局は、店舗によって雇用形態や雰囲気などがかなり違うので、働きやすい職場をさがしてみるとよいでしょう。正社員で一度採用されるとなかなか退職というのもしにくくなりますが、パートであれば雇用が安定していない分、転職もしやすいので、居心地の良い職場をあちこち探すのもいいかもしれません。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!