トップページ > 薬剤師パートを夜間で見つける

薬剤師パートを夜間で見つける

夜間の薬剤師のパートとしては、病院で夜勤をするのがひとつの方法です。入院施設があっても、中小規模の病院だと薬剤師が夜間常駐していないケースがありますが、ある程度の規模の病院は夜間救急を行っていることもあって、薬剤師が24時間常駐していることも多いです。しかし正職員の薬剤師だけで毎日夜勤をこなすのは難しいため、夜勤の薬剤師をパートで雇用することになるのです。とはいえ、大きな病院であっても、夜勤の薬剤師は看護師ほど人数を必要としないこともあって、求人の数自体は多くありません。夜勤の薬剤師パートは、日給もかなり高額になるので、見つけたら検討してみる価値は十分にあるでしょう。

しかし、夜勤は体への負担も大きくなります。薬剤師で夜勤の経験があるというのは、大きな病院への勤務経験がある人くらいで、通常の薬局や製薬会社に勤務している場合は基本的には経験することはありません。そのため、夜勤を頻繁に行う看護師のように、体が慣れていないこともあって、やってみたものの、体がしんどくて辞めてしまった、という人もいます。夜型だから夜勤ができるかも、と思っても、意外と仕事での夜勤はハードなものです。自分に夜勤ができるかどうか、よく検討してから決めるようにしましょう。

その他、ドラッグストアなどでもたまに夜勤があります。あまり数はありませんが、24時間営業で、なおかつ第一類の医薬品の夜間販売も行うようなドラッグストアは、夜勤の薬剤師をおいています。そういうところが稀に募集を行うこともあるでしょう。また、ドラッグストアの場合は、夜勤とまで行かなくても夕方から夜の閉店までの時間帯の薬剤師の求人は多いです。ドラッグストアの場合、薬剤師がいない時間帯は第一類の医薬品が販売できないため、営業時間中は常に薬剤師がいるようにしているのですが、1人の薬剤師で1日賄おうとすると朝10時の開店で夜22時の閉店の場合、12時間勤務ということになり、薬剤師の負担が大きくなってしまいます。とはいえ、薬剤師2人の交替制にすると時間がかぶってもったいない、ということで、夕方まで働いた正社員薬剤師と交替で、夕方以降閉店まではパート薬剤師を配置するところが増えているのです。これだと正社員の薬剤師の負担も減り、店としても効率よく薬剤師を配置することができます。また、パート薬剤師にとっても、夜勤ほど体もきつくなく、高い時給で働くことができるのです。夜勤は大変だけど、夜に働きたい、というのなら、ドラッグストアがおすすめでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!