トップページ > 薬剤師のパート求人@大阪

薬剤師のパート求人@大阪

薬剤師の場合、人材豊富な都心部よりも、人材不足が深刻な田舎のほうが給与が高いというのはよくあることです。そのため、他の職種と違って東京などの大都市のほうが給料が低いという珍しい現象がおきていますが、そういった大都市の中でも大阪は人口当たりの薬剤師数がトップクラスに多い都市です。薬局の数は多いものの、大阪にある大学には薬学部を設置しているところが多いこともあって、毎年多くの薬剤師が輩出されることになります。そのため、薬剤師は比較的充足しており、求人はあるものの、薬局やドラッグストアとしても、高い給料を提示しないと人材が集まらないという状況ではありません。とはいえ、薬剤師は国家資格が必要な仕事であり、給料相場が高いため、パートであっても時給2000円前後が相場となっており、一般のパートに比べると高い時給であることには変わりありません。

他府県に比べると薬剤時が不足していないというだけで、大阪でも薬剤師求人は常に行われています。夜間まで営業している店舗も多いことから、夜間のパートの募集もありますので、高い時給で働きたいという薬剤師はチェックしてみるとよいでしょう。梅田や心斎橋、難波などといった繁華街では特に、夜間スタッフのニーズも高くなります。もちろん昼間に勤務するパート薬剤師の求人もあるので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるでしょう。住宅地では比較的夜間営業する薬局が少なくなりますが、ママさん薬剤師が働きやすいような午前中のみの勤務のパートもあります。大きな差があるわけではありませんが、大阪では都市部よりも郊外の住宅地のほうが薬剤師の求人は多い傾向がありますので、広範囲で探すほうがよいでしょう。通勤のことを考えると、市区町村で分けるよりも、沿線で探したほうが便利です。

大阪で薬剤師パートを探すのであれば、おすすめなのがドラッグストアの求人です。大阪は他府県に比べてドラッグストアの数が多いため、ドラッグストアの求人は多い傾向にあります。ドラッグストアの薬剤師求人となると、販売や棚出しなどの仕事もあり、幅広い業務を求められるため大変なところもありますが、調剤業務がないところも多いため、ブランク明けの薬剤師が就業するケースも多くなります。調剤業務がないとはいえ、OTCで医薬品の説明を求められることもありますので、常に勉強することは必要ですが、やりがいのある仕事なのは確かでしょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!