トップページ > 薬剤師パートを残業なしで見つける

薬剤師パートを残業なしで見つける

薬剤師という職種は、皆さん周知の通り、人材不足の状況にあります。ですから、例え、パートという就業形態であっても、残業を頼まれるということは一般的なのです。残業であったり、勤務時間の自由度が高いからこそ、パートという就業スタイルを選択したという方も多いと思います。ここでは、残業なしの薬剤師パート求人について紹介をしていきましょう。

薬剤師の仕事で残業がないという求人を探す場合には、その勤務先によって、様々な違いがあることを覚えておきましょう。薬剤師の勤務先としてスタンダードとされている調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院機関など働く環境によって、パート求人の残業の有無というのは、変わってきます。

パートの薬剤師という立場であっても、病院機関で働くという場合には、残業を比較的に任されるケースが多くなります。それは正規の薬剤師の休暇のためのパート人員であるという思いが強いからです。それに病院機関というものは、患者さんありきの職場になります。患者さんが来院しているにも関わらず、私はパート勤務であり、時間が来たので終わりにしますなんていうことは、通用しない職場になりますから、病院機関でのパート求人の場合には、残業の覚悟はしておいた方がいいかもしれませんね。

また製薬会社に勤務するパート薬剤師の場合でも、残業が多いという傾向が見られます。一般企業であり、製薬会社といえば、その規模はある程度に大きなものであるということが言えるでしょう。こういった会社は様々な部署によって編成されており、各部署との連携というものがあるのが当然ですから、こちらが終わっていても、関連部署の仕事の進み具合によっては、帰宅することが出来ないというケースも、普通に見られるため、残業は多くなりがちになります。

こうしてみると、やはり残業なしの薬剤師パート求人の中で、もっとも多い勤務先は調剤薬局になると言えるでしょう。調剤薬局であれば、一般的には個人クリニックなどの小規模な病院機関のそばに存在していることが多く、クリニックの営業時間が終われば、調剤薬局もその時間に合わせ終了ということになるものです。

また総合病院などの大規模な病院機関のそばに位置しているような調剤薬局でも、基本的に外来の時間は決まっていますから、残業になるというケースはそこまで多くないということが予測できます。残業なしの薬剤師パート求人を探しているのであれば、調剤薬局を中心に転職活動をかけていくことをオススメします。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!