トップページ > 薬剤師パートの履歴書の例文

薬剤師パートの履歴書の例文

薬剤師としてパートで働きたいと思っている方でも、面接を受ける前に必ず作成しなければならないものがあります。それは履歴書の作成です。履歴書の作成にもしっかりとしたコツがあり、例え就業形態がパートであっても、正しい履歴書の作成や、採用者側に好まれやすい履歴書の作成が出来なければ、書類審査の段階で落とされることになってしまい、面接すら受けさせてもらえないということにもなりかねません。ここでは薬剤師パートの履歴書の例文を紹介しましょう。

どんな職種でも転職や就職の際に必要な書類と言えば、履歴書になります。たまに履歴書不要などというところもありますが、こういったパート求人などは、面接に行くと、パソコンや書類などが用意されており、結局相手が用意している、履歴書のような書類を作成しなければならないというところがほとんどです。

履歴書の作成で失敗しないために守るべきルールは、たったひとつだと言われています。それは社会人としてのモラルやルールを把握していれば特別気にすることはないような基本的なことです。履歴書に写真を貼っていないとか、スピード写真で撮影されたものであるということ。くずし文字などで作成をしており、自分以外の人間には読みづらい文字で書かれていること。修正液などを平気で利用している汚い履歴書であることなどがタブー行為になります。履歴書の作成は、基本的には手書きになりますから、パソコンなどでも作成は控えるべきでしょう。

こういったやってはいけないと言われていることをしていなければ、大抵の場合には、履歴書で落とされるということはありません。いつも書類審査が通らないということで悩んでいる方ならば、もう一度、自分が作成した履歴書を思い返し、上記のようなやってはいけないような要素が入っていなかったどうかを確認してみましょう。

また職歴には会社名までしっかりと明記しましょう。○○薬局や○○病院・クリニックまでしか記入していない方が多いです。特に調剤薬局や個人クリニックの場合や似たような名前の所や、同じ名前のところが多いものです。どこの何薬局なのか何クリニックなどを明確化させるためにも、株式会社○○ ○○薬局という正式名称を記入しましょう。

履歴書によっては、どうでもいいと思えるような趣味を記入する欄などが用意されているものもあります。こういったものを勝手な自己判断で無記入にするのではなく、記入欄があるものは、すべて埋めるのが基本になりますから覚えておきましょう。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!