トップページ > 薬剤師パートをストレスが少ない職場で見つける

薬剤師パートをストレスが少ない職場で見つける

大きな病院や製薬会社などへの勤務は別として、薬剤師の職場の多くはスタッフの少ないところになります。調剤薬局などでは、薬剤師が10名以上いるような店舗のほうが珍しいくらいですし、ドラッグストアでもそれほど多くはありません。お客さんと接することが多いので、それほど閉鎖的ではないように思われるかもしれませんが、やはり少数の人間が毎日何時間も顔を突き合わせていると、人間関係が上手くいかないことも多いです。

たとえば、上司や先輩に意味もなく意地悪をされたり、どうしても気の合わない同僚がいたり、後輩が全くいうことを聞かなかったりといった、人間関係の問題は、他の職業同様、薬剤師においても仕事を辞める理由としては最も多いものです。どこに行ってもそういう問題があるとはいえ、人間関係にストレスを感じる薬剤師は多いのです。逆に、人間関係が円満な薬局に勤務する薬剤師は、多少待遇などが劣っていても仕事に対する満足度が高いというデータもあります。人間関係のストレスは、それだけ薬剤師にとって大きな負担になっているということでしょう。

パート薬剤師においても人間関係でストレスを感じやすいのは同様で、パートだからと下に見られることも多いことから、ストレスを感じない、居心地のよい職場を見つけるのは簡単ではありません。しかし、これまでの経験から店舗内のスタッフの人間関係こそ働きやすさのカギだと考える薬剤師も多く、その点を重視する人も少なくありません。実際には、働いてみないとわからない雰囲気もあるのですが、機会があればお客さんとしてその店舗を訪れて観察してみるとよいでしょう。少しでも店内の雰囲気がわかるはずです。

もちろん入職してみないとわからないことも多いのですが、それは入職後に判断するしかありません。しかし、正社員に比べて辞めやすいというのもパート勤務のメリットです。正社員が働き始めてすぐに辞めるとよい評判はたちませんし、履歴書にもその事実を記載することになりますが、パートであればすんなり辞めることができるでしょう。すべてのアルバイト経験を履歴書に書く必要もありませんから、パートの勤務をすぐに辞めてしまっても経歴に傷がつくことはありません。もちろん軽い気持ちで応募するというわけではありませんが、ダメなら次へ行こうくらいの軽い気持ちでいないと、なかなか転職活動は難しくなるでしょう。パートを転々としながら居心地のよい薬局を探し、そこでパートとして働きながら、フルタイムで働けるようになったら正社員にしてもらうという人もいます。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!