トップページ > 薬剤師のパート求人@東京

薬剤師のパート求人@東京

東京で薬剤師の求人を探すメリットは、やはりさまざまな種類の求人があるということです。調剤薬局やドラッグストアも豊富ですし、病院も多いです。また、企業が多数あるため企業による求人も他の地域に比べると多くなるでしょう。しかも、勤務の時間帯などはかなり柔軟なところも多いので、パートでの求人も豊富です。24時間営業の店舗も多いので、夜勤の仕事を探すのもよいでしょう。薬局の絶対数が多く、交通網が整っているので、通勤に便利なところに勤務先を見つけることができる可能性も高くなります。

一方、東京で薬剤師パートを探すデメリットは、意外と時給が低いということです。ほとんどの職種では、地方から都会に行くにしたがって給料の相場は高くなるものですが、薬剤師に限ってはそれが当てはまりません。現在最も薬剤師の時給が高いのは、隣の家に行くのに10分も歩かなければならないような田舎の薬局で、場所によっては時給3000〜5000円などという求人も珍しくありません。一方、東京の場合は相場が時給2000円くらいなので、地方のほうがかなり高いという珍しい現象になっています。これは、薬剤師が東京などの都心部に集まってしまい、田舎のほうで薬剤師が足りないのが原因です。東京は薬局も病院も豊富なので転職先の選択肢は多いものの、薬剤師の数も多いため、決して仕事が見つかりやすいわけではありません。こうした需給のバランスによって、薬剤師の時給が低くなっているということになります。

しかも、東京の場合は東京で働きたいという近隣の県の薬剤師が、東京での就職を探すことも多いです。埼玉や千葉が東京のベッドタウンとして栄えた結果、県外から通勤する薬剤師も増えており、それが都内の薬局の競争率を高める結果にもなっています。逆に都内から県外へ通う人は少ないので、今後はますますこの状況が続くでしょう。東京は薬剤師が多いとはいえ、求人の数も多いので、その求人が自分にとって良い条件かどうかをよく考えて応募することも大切です。企業の数も多いので、タイミングが良ければ思わぬ好条件での求人が見つかる可能性もありますからこまめに求人をチェックするとよいでしょう。パート勤務の場合は空いた時間に仕事に入るのが基本なので、自分のライフスタイルに合わせて希望の勤務時間や勤務日を受け入れてくれる勤務先を探すようにします。東京は求人数が多いので、細かい条件にあった勤務先を探したいときは便利です。

>> TOPページで薬剤師のパート求人に強い転職サイトランキングをチェック!